あなたを癒すもの

礼拝メッセージ ー聖書のことばを、一緒に。

神の時を待つ(2020.1.26)

 

f:id:FITchurch:20200111200914p:plain

わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。 ヨハネ14章6節

 

 

 

《 第2サムエル記3章27-39節 》

人類の歴史すべてを支配しておられるのは神様です。しかしながら、人の生きる世の中は私たちの思い描くような〝神の計画通り〟には進んでいきません。


ダビデは子どものころからすでに後のイスラエルの王位に就く者、サウル王の後継者として神によって定められていました。

しかし実際にイスラエルの王位に就くまでには、人々が思っているよりもさらに長い時間がかかりました。

それはサウル王が亡くなったあともしばらく続きます。その背景には、人間の心の中に渦巻く、利権に対する貪欲な思いがあったからです。


神の計画は、どんなことがあっても揺らぐことはありません。ですから私たちは、焦る必要も、慌てる必要もなく、何か心配する必要もありません。

忍耐をしてそのときが来るのを待っていればよいのです。

むしろなかなか神の計画通りにならない時こそ忍耐し、状況を分析することを学ぶのです。
ダビデはもちろん、自分自身がイスラエルの王となることが神のみこころであると知っていました。

にもかかわらず、状況はいまだダビデを王とはしませんでした。

ダビデはそんな時も、それを嘆くでもなく、悲しむでもなく、「自分に力が足りない」と言って状況を分析します。


神の計画は必ず成就します。

私たちは主の御手にすべてを委ね、今自分のできるところで状況を分析し、適切な対処をすることです。

 

ダビデのように分析力を身につけて、「神の時」を待つ人になりましょう。