あなたを癒すもの

礼拝メッセージ ー聖書のことばを、一緒に。

希望は失望に終わらない(2020.2.16)

 

f:id:FITchurch:20200111200914p:plain

主よ。あなたの道を私に教えてください。 私はあなたの真理のうちを歩みます。 私の心を一つにしてください。 御名を恐れるように。    詩篇86篇11節

 

 

 

使徒の働き25章1-9節》

パウロは第3回世界伝道旅行から帰還してすぐ、過激派ユダヤ教徒らの不当な訴えによって捕らえられて拘束されました。

無責任なローマ総督の優柔不断な裁量に振り回されて、2年もカイザリヤで自由を奪われて過ごすことになり、ついに最初の裁判を行った総督ペリクスは解任され、新総督フェストが後任として就任することになりました。


2年の月日が流れても、過激派ユダヤ教徒らのパウロへの憎しみと恨みは収まらず、未だパウロの殺害計画がありました。

新総督フェストの前で、裁判は再び振出しに戻り、同じことが繰り返されます。

新総督フェストも前任者と同様、自分の保身を第一とする人間で、この裁判に正義はありません。

 

フェストはローマ市民であるパウロも守らなければなりませんが、自分が治安維持に当たるユダヤ教徒の反感も買いたくありませんでした

。彼は裁判を、カイザリヤではなくユダヤ教徒らの望むエルサレムで開いたらどうか、と提案します。

 

私たちの人生は堂々巡り。同じことを何度も何度も繰り返します。

 

解決に向けて前進したと思ったらまた振り出しに…ということはしょっちゅうです。

 

でもくさってはいけません。辛抱強く問題に対処し、希望をもって立ち向かいましょう。

あきらめて投げやりになってはすべてが台無しです。

 

冷静沈着に状況を見つめ、辛抱強くできることをして、時を待ちましょう。